米国の大手取引所であるBittrexは、39日より一部地域
国からのアクセスを禁止することを発表しました。

 
セキュリティ

 

これは、Bittrex側の新たな利用規約の改定によって行われる変更点です。

 

 

対象地域は、

 

北朝鮮、イラン、クリミア、シリア、キューバ5か国です。

 

北朝鮮からのハッキング問題や、ブラックマネーの
資金洗浄問題などが原因と思われます。

 

 

また、今回の規約改正の発表を受けたユーザーからは
 

ブロックチェーンの本質である非中央集権とかけ離れた政策である

 

と非難の的になっています。

 

 

消費者保護との両立は大変難しく、各取引所は対応に追われています。

日本でも、留学生など日本国籍でない人の本人確認書類の通過率が低いことが
問題となっています。

 

 

取引所は私たちユーザーともっとも密接に関係してくるので
各取引所の今後の対策に注目していく必要があります。





金融庁に正式に登録された
オススメの取引所はこちら⇩

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


LINE公式アカウントの登録も是非!
Bitcoinに関してお気軽にご質問下さい。
お待ちしております。

友だち追加


ブログランキングへのご協力もよろしくお願いいたします。

人気ブログランキング